ツアーコンダクター

ツアーコンダクターを副業で始めるには?派遣会社は旅行綜研がおすすめ!

投稿日:2018年2月26日 更新日:

メールレディおすすめランキング

【女性限定】高収入の在宅ワーク!
メールレディ
おすすめランキングはこちら

ツアーコンダクターを副業で始めるには?派遣会社は旅行綜研がおすすめ!

国内・海外の様々な観光地にお客様と同行して案内役を務める「ツアーコンダクター」。

ツアーコンダクターの求人には2種類あり、

旅行会社に就職
専門の派遣会社に登録

の2パターンとなっています。

副業の場合はツアーコンダクター専門の派遣会社に登録し、説明会・研修に参加することで始めることができます。

現役で働いている9割の方は派遣会社を通してツアーコンダクターをしているので、これから始める人もまずは説明会・研修に参加することが第一歩になります。

ツアーコンダクターの説明会はこちら【未経験OK】



ツアーコンダクター副業

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターとは日本語で「旅程管理主任者」と言い、仕事内容は基本的には案内役になります。

バスガイドとも共通している部分はありますが、案内や引率のほか、ホテルでのチェックイン・アウトや清算業務、旅行中のすべての運営を仕切るのがお仕事になります。

最初は覚えることも多いですが、打ち合わせや旅行の手配までは基本的に流れ作業になるので、慣れてしまえば誰でもスムーズに行えます。

旅行先の観光地情報やグルメ情報などは、ツアーがあるたびに前もって復習しておく必要がありますが、旅行好きの方であればそこまで苦にならないと思います。

今は本屋やネットで十分すぎるぐらいの情報がすぐに見つかるので、ツアーコンダクターになるのであれば常日頃そういった情報収拾は欠かせません。

ツアーコンダクターの給料

ツアーコンダクターは基本的に、「日当」という形で給料を貰います。

経験やスキルによって変わりますが、

国内添乗:7,000円〜12,000円
海外添乗:8,000円〜25,000円

が相場になっています。

年収は300万〜400万円がベースになり、副業の場合は勤務日数が減るので、もう少し下がってしまいます。

副業で始めるのであれば、大きく稼ぐことはできないですが、FXや株、不動産投資などに比べればリスクなく安定したお金を得られます。

ツアーコンダクターのメリット・デメリット

ツアーコンダクターのメリット・デメリット
旅行関連のお仕事は非常に人気があり、様々なメリットがあります。

メリット

国内・海外いろいろな場所に行ける
ご当地料理が楽しめる
たまにお土産がもらえる
旅行について詳しくなる
ツアー中の食事は無料

みなさんが「ツアーコンダクター」と聞いて、思い浮かぶことは全てメリットです。

ツアーの同行のお仕事とはいえ、様々な観光地にタダで行くことができるのはツアーコンダクターならではのお仕事。

旅行客の自由時間はツアーコンダクターも多少の事務作業がありますが、小休止の時間になるので、少しだけ観光地を楽しむことができます。たまにお客さんやおみやげ屋さんからお土産が貰えることも。

また、派遣であれば好きなときに好きなだけ休みが取れるので、プライベートでも長期旅行に行く方や別の仕事を持っている方もその恩恵を受けられます。

特にたくさんの現役ツアコンダクターがメリットとして挙げていたのは、

お客さんからのお褒めの言葉

です。ツアー終了後に「ありがとうございます!」の一言をもらえるだけでも、この仕事をやっていて良かったと感じています。

デメリット

クレーム処理
繁忙期と閑散期の差
1日の拘束時間が長い

ツアーコンダクターは案内役ですので、ほとんどの時間は接客と言ってもいいでしょう。

そのため、ごく稀にクレームが入ることもあります。中には「食事が悪い、天気が悪い」など、ツアーコンダクターのせいじゃなくても責められることもあります。

そう言ったクレームも処理しなければいけないので、多少のストレスを感じるかもしれません。

また、国内ツアーは朝早く集まり、夜解散が一般的です。1日の拘束時間が長くても日当に変わりはないので、不満を持っている人も多くいます。

基本的にお仕事は年中安定してありますが、天災や戦争、疫病などが原因でとたんに仕事がなくなるリスクもあります。

ツアーコンダクターはこんな人におすすめ!

ツアーコンダクターはこんな人におすすめ!
ほとんどのツアーコンダクターは未経験から始めているので、興味さえあれば誰にでも務まります。

必要な研修や資格も登録した派遣会社で取得できるので、現段階では何のスキル・経験がなくても大丈夫です。

また、女性が多く活躍している職種ですが、男性でも問題ありません。アルバイト、フリーター、サラリーマン、主婦など、副業で働いている人も多くいるので、旅行関連の職に興味がある方はツアーコンダクターがおすすめです。

副業におすすめのツアーコンダクター会社

副業でも転職・就職希望でも仕事を始めるには、まずはツアーコンダクター専門の派遣会社「旅行綜研」に登録しなければいけません。

未経験からはじめる!海外国内ツアーコンダクター【旅行綜研】

全国で約1200名のツアーコンダクターが在籍しており、未経験からはじめた19歳~50代まで幅広い年齢の方が活躍しています。

資格取得〜実務までをしっかりとサポートしてもらえるので、初めての方も安心してツアーコンダクターを目指せます。

また、研修が終了してもあなたの実力にあったお仕事を紹介してもらえます。

説明会を全国で開いているので、ツアーコンダクター、旅行関連の仕事に興味がある方は気軽に参加してみてください。

東京支店 港区虎ノ門1-4-2 虎ノ門東洋ビル9階
関西支店 大阪市中央区瓦町4-5-9 井門瓦町ビル4F
中部支店 愛知県名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル4F
札幌営業所 札幌市中央区北3条西3丁目1番地47
ヒューリックNORTH 33ビル 10F
仙台営業所 宮城県仙台市青葉区本町1-11-2 SK仙台ビル 7F
広島営業所 広島県広島市中区立町1-23 ごうぎん広島ビル 8F
福岡営業所 福岡県福岡市中央区天神3-9-25 東晴天神ビル 6F
鹿児島営業所 鹿児島県 鹿児島市 山之口町1-30 Idehara-BLD 7F
沖縄営業所 沖縄県那覇市泉崎1-10-16 沖縄バス本社ビル203号室

資格取得〜実務までの流れ

ツアーコンダクターに必要な資格は、「旅程管理主任者」というものです。旅行(ツアー)に同行するために必要です。

そのためまずは「旅行綜研」の説明会に参加し、登録して研修を受けます。旅行関連の仕事をしたことがない人でも、未経験者を積極的に採用しているので安心です。

登録後、「基礎添乗業務研修」と呼ばれる研修を受講します。

研修といってもインターネットを使った「eラーニング講座」を通して必要な知識を勉強するシステムなので、あなたの都合がいい時に受講してください。

その後は、国内のみを希望する人は「国内旅程管理研修」を、海外の添乗まで行いたい人は「総合旅程管理研修」を受講します。

目安としては国内は2日、海外は3日間の研修を受けることになります。

研修が終われば実務経験を積みます。「旅程管理研修」修了日の前後1年以内に1回以上、あるいは終了日から3年以内に2回以上の実務経験が必要となります。

旅行綜研では登録〜資格取得までだいたい2週間ほどで終わるので、スムーズにツアーコンダクターの仕事を始められます。

旅程管理資格は一生もの!

旅程管理資格は一生もの!
旅程管理資格は一生ものの公的資格なので取っておいて損はないでしょう。公的な資格であることや実務経験が必要なことから、難しそうに感じる人も多いですが、難易度はそこまで高くありません。

ただし、公的資格のため個人負担1万3000円~(国内・海外で増減)となっているので注意してください。

旅行綜研では、ローン制度や海外研修旅行費用補助制度があるので、まずは気軽に説明会に参加してみてください。もちろん説明会や登録にかかる費用は一切ありません。

多くの人と出会いたい、ドラマや感動がある仕事をしたいと思っている方はぜひツアーコンダクターを目指してみてはいかがでしょうか。

旅行綜研
運営会社 株式会社 旅行綜研
公式サイト http://www.tm-a.co.jp
応募資格・必要なスキル なし
説明会参加費 無料

-ツアーコンダクター

執筆者:

関連記事

旅行綜研の口コミ評判【ツアーコンダクターの派遣求人】

ツアーコンダクターの口コミ評判【旅行綜研の派遣求人】

旅行業界を専門に取り扱う人材派遣会社「旅行綜研」というのをご存知でしょうか? ツアーコンダクターを目指す方にとっては登竜門のような存在で、研修や資格取得まで手厚くサポートしてくれます。 ツアーコンダク …

主婦でもできるツアーコンダクター【旅行関連の仕事】

主婦でもできるツアーコンダクター【旅行関連の仕事】

旅行関連の仕事として人気がある「ツアーコンダクター」。 専門的な知識や資格がなければできないと思われがちですが、派遣であれば誰でも始めることができます。 実際に派遣で働いているツアーコンダクターのほと …

ツアーコンダクターになるには?添乗員との違いは?

ツアーコンダクターになるには?添乗員との違いは?

パック旅行や団体旅行に同行して案内役を務める「ツアーコンダクター」。 色々な観光地に仕事で行けることから「なりたい職業」でも常に上位です。 そこで今回は、「ツアーコンダクターになるにはどうすれば良いの …