FX

副業でFXはあり?スイングトレードを極めればサラリーマンや主婦でも10万円を50万円にできる!

投稿日:2017年11月25日 更新日:

メールレディおすすめランキング

【女性限定】高収入の在宅ワーク!
メールレディ
おすすめランキングはこちら

副業でFX

副業の代名詞とも言える「株・FX」。

今回はその副業2大巨頭の一角FXについてご紹介します。

FXを専業としている人のやり方を紹介しても、圧倒的に時間が足りなかったり、精神的にも耐えるのが辛くなってくるので、今回は「ローリスク・ローリターンなスイングトレード」についてご紹介します。

お金に関することなので、できるだけ細かく分かりやすいように書いています。最後までお読みいただければと思います!

FXって危なくないの?

FXという名前を聞いただけだと、

「FXは危険」
「FXは人生が崩壊する」

などのイメージを持っている方もおられますが、そんなことはありません。

FXはライターや刃物などと同様、使う人のやり方次第で安全に利用できます

FXで人生を崩壊させた人の例

FXで人生を終わらせてしまう人は少なからず存在します。

その人たちに共通して言えることは「高レバレッジで一攫千金をを狙ったため」です。

レバレッジというのは、入金したお金を担保にして何倍もの金額の外貨を取引できることです。

例えば一般的なFX業者のレバレッジは10倍。50万円入金したら「50万円×10倍」で、500万円分のお金を扱えるようになります。

日本国内では最大25倍のレバレッジで運用できます。同じ50万円だったら「50万円×25倍」は1,250万円

さらに海外のFX業者には100倍というのがあります。そこでは「50万円×100倍」ということで5,000万円分のお金をFXで動かすことができるのです。

最初から海外のFX業者で100倍レバレッジをやる人はいませんが、人の欲とは怖いもので、徐々に大きい金額を動かすことに慣れてしまい、結果的に高レバレッジで一攫千金を狙ってしまいます。

もちろん勝つことができれば何ら問題はないのですが、負けた時は大問題です。

何が大問題なのかというと、「入金した50万円以上のお金を支払わなければいけなくなる」からです。

ロスカットという、証拠金が0円になりそうになったら自動的に損切りをするシステムは各FX業者にはありますが、大きく値が動いた時にはそのロスカットが追いつかず、マイナスになることもありえます。

そうなった時に「追証」と言って、追加で資金を入金しなければいけません。

高レバレッジ→ロスカット→追証

という流れを何度も何度もやっているうちに再起不能となり、やがて破産してしまいます。

スイングトレードならローリスク!

FXにはいくつか「期間的な取引手法」があります。

誰もが一度は聞いたことがある「デイトレード」というのは、1日という期間の中で値動きを利用して利益を狙う取引手法のことを言います。

主な取引手法は、

スキャルピング:数秒~数分間の取引
デイトレード:1日〜数日の取引
スイングトレード:数日〜数週間の取引

などがあります。

そして今回オススメするやり方が、「スイングトレード」という数日〜数週間、長い時では数ヶ月の取引手法のことを言います。

スキャルピングは小さな利益を積み重ねるやり方なので、自然とレバレッジも高くなり、いつか大きく損をしてしまう可能性があります。

逆にスイングトレードは低いレバレッジでも値幅が大きく動けば利益も大きく取ることができます

値幅が大きく動くのを待つというのがスイングトレードなので、低いレバレッジかつ資金に余裕を持たせることが基本です。

多少下がっても余裕を持てる取引なので、上がった下がったで一喜一憂することがないので、忙しいサラリーマンや主婦の方にオススメできる取引手法です。

ローリスクかつ安全に資産運用できるのが「スイングトレード」です

上記で紹介した「FXで人生を崩壊させた人の例」のほとんどはスキャルピングであり、スイングトレードを主としている人は着実に利益を伸ばしています。

スイングトレードで利益を得る方法

スイングトレードで実際に利益を上げる方法をご紹介します。

私の場合はこのやり方で10万円が1年で50万円。翌年にその50万円が200万円になったので参考にしていただければと思います。

FXを始めるには口座を作らなければいけません。オススメのFX業者は「DMM FX」です。

DMM FXの口座開設はこちら

DMM FXをオススメする理由として、

・スプレッドが狭い
・取引ツールやチャートが初心者向けで見やすい
・サポート対応が良い
・最大20,000円のキャッシュバックがある

以下で詳しくご紹介します。

スプレッドが狭い

スプレッドというのは、為替を「買う時の値」と「売る時の値」の幅のことを言います。

このスプレッドは「FX業者の取引手数料」なので、各FX業者によって差があります。

DMM FXは、ドル円「0.3銭」と、公式サイトにも書いてある通り、業界で最狭水準のスプレッドです。0.3銭というのは「10,000通貨で30円」。

スプレッドが狭い

正直な話、取引手数料は安いに越したことはありません。

スイングトレードを主な取引だとしても、スプレッドが高ければそれだけ自分の損は大きくなってしまいます。

その点、「DMM FX」でしたら、スプレッドを気にせずに売買をできるので、初心者の方〜ベテランの方達に広く愛用されています。



取引ツールやチャートが初心者向けで見やすい

取引ツールやチャートが初心者向けで見やすい

初心者が副業でFXをやるのに躊躇する理由の一つが、「チャートの見方や売買の仕方が分からない」ということ。

DMM FXでしたら、アプリで簡単にチャートや値動きが確認できますし、「買い」や「売り」もすぐに出来る様になります。

アプリで直感的に操作できるので、電車の中や仕事の休憩時間でも売買ができます。

もちろんPC版でログインすればさらに細かい取引ツールも利用できるので、休日などはパソコンから今後の値動きを考察したり、研究などを行えます。

サポート対応が良い

DMM FXは業界初の「ライン」でのサポートに対応しています。

基本的に月曜日AM07:00~土曜日AM06:50までの間でしたら即時回答が返ってきます。

ラインアカウントを持っている方であれば誰でも利用できるので、分からないことがあればなんでも質問してみてください。

「1Lotは何通貨単位のことですか?」という質問に対しても、「【DMM FX】では1Lotは1万通貨単位になっています。」と返事が返ってきます。

サポート対応が良い

最大20,000円のキャッシュバック

最大20,000円のキャッシュバック

DMM FXで口座を開設すると条件次第で全員に最大20,000円のキャッシュバックがあります。

条件は、

初回入金10万円以上
3ヶ月にスマホから500Lotの売買

正直、キャッシュバック狙いで口座開設するのは500Lotの売買というのが壁になるので、初心者には難しいかもしれません。「いつの間にか2万円のキャッシュバックがあった!ラッキー!」ぐらいに考えておくのが良いかもしれません。

キャッシュバック目当てでなくても、「国内FX口座数 第1位」「世界第2位の取引高」という実績が十分あるので、初めての方であれば強く「DMM FX」をお勧めします。

DMM FXの口座開設はこちら

FXの口座を開設したら日足のみを見る!

スイングトレードでは基本的に日足チャートを見て「今後上に登るか、下に落ちるか」を判断しましょう。

チャートというのは、「過去の値動きをグラフにしたもの」で、日足以外にも1分足、5分足、1時間足、4時間足などがあります。

スイングトレードでは、数日後や数週間後の値動きを予測するので、短い分足などを見てもあまり参考になりません。

また、長い時間足や日足の方が安定感があり信頼できます。短い分足などを見れば売買できるチャンスは多くなりますが、いわゆる「騙し」というのも多くなります。

騙しとは売買サインが出たにもかかわらず逆に動いてしまうことを言います。

日足などであれば、その「騙し」は少なくなるので、スイングトレードでは必ず日足を見ましょう。

そして日足チャートを見て、「今は上げ相場なのか?下げ相場なのか?」を頭に入れておきましょう。

スイングトレードで10万円を50万円にした方法

DMM FXで口座を開き、日足チャートを見るというところまで説明しました。

ここからはエントリーポイントについてです。

エントリーポイントというのは実際に売買を行うタイミングのことです。ここは日足チャートを見て「今は上げ相場なのか?下げ相場なのか?」というのを理解して入れば大丈夫です。

上げ相場であれば「買い」で、下げ相場なら「売り」でエントリーします。エントリーポイントというのは人によって様々であり、確証がなくても問題無いです。

私が10万円を50万円するのに一番大事なことだと感じたのは利食い・損切り、そしてナンピンのタイミングです。

FXの利食い・損切り・ナンピン

利食いと損切りは言葉そのままの意味で、利益が出たら確定することと損が出てしまった時にそれ以上損が大きくならないように切り捨てることです。

ナンピンというのは損失を抱えた時に同じ方向(買いならさらに買い、売りならさらに売る)で平均値のコストを下げることです。

利食い:利益を確定すること
損切り:損失を確定すること
ナンピン:買い値(平均取得価格)を下げる手法

私は10万円から始めた時は5000通貨〜7000通貨での取引をしていました。例えば買いポジションを持っていた場合、利食いは数千円〜数万円。損切りは基本せずに、1円下がったらさらに5000通貨〜7000通貨の買いポジションを持つ。

ということを繰り返していました。

5000通貨の場合、1円下がったら5000円のマイナスです。10円下がっても5万円なので、10万円入れていた私にとっては10円以上下落しても耐えられます。

もちろん10円以上がいきなり落ちて、損を少なからずしてしまう可能性もあります。しかし、そうなっても損するのは最初に投入した10万円なので再起はいつでも可能です。

僕が直近で持っていた買いのポジションは以下のように推移しています。

ドル円
112円で5000通貨買い
111円まで落ちたのでさらに5000通貨買い

その後114円まで上がる

112円で買った5000通貨は10,000円で利食い。111円で買った5000通貨は1,5000円で利食い。

2つの買いポジションで25,000円を稼いでいます

もちろん112円→111円→114円になる推移は数日〜数週間かかっているので、日数はかかっていますが、ほぼ確実に勝つことができます。

副業としてやるには一番効率がいいやり方だと思います。その後、資産が増えたら5000通貨だったのが7000通貨、8000通貨と上げていくことで、さらに稼ぐことができる額も増えていきます。

資産が20万円を超えたあたりから、一気に50万円までの道が早くなりました

スイングトレードなら副業にピッタリ!

今回は副業としてのFXで効率のいいやり方をご紹介しました。

スイングトレードでしたら、朝と夜の2回ずつチャートを見るだけでいいし、副業としても確実に利益を伸ばすことができるのでオススメです。

今日紹介したのをまとめると、

1.副業ならスイングトレード
2.「DMM FX」で口座を開く
3.日足チャートで「上げ相場か?下げ相場か?」を見極める
4.FXの利食い・損切り・ナンピンを計画的に行う

サラリーマンや主婦の方でこれからFXで副業を始めてみようと思っている方は参考にしてください。

DMM FXの口座開設はこちら

-FX

執筆者:

関連記事

FXはアルバイト以上に稼げる?副業FXの体験談

アルバイトよりも確実に稼ぐことができる「FX」。 在宅ででき、サラリーマンや学生、主婦も隙間時間に気軽にできる副業として人気があります。 もちろん元手がマイナスになる可能性もありますが、やり方さえ分か …

FXで毎日1000円(お小遣い程度の儲け)を稼ぐ2つの方法

FXで毎日1000円(お小遣い程度の儲け)を稼ぐ2つの方法

FXで毎日1000円(月3万円)稼ぐのは決して不可能な話ではありません。 お小遣い程度の金額を稼ぐというのは、大きな利益を出すことはできませんが、大きな損失を出すこともなくなるので、初心者の方にはおす …

海外旅行FX

海外旅行中のFXはあり?海外旅行しながらFXでお金を稼ぐ方法

副業をしながら海外旅行に行くというのは、決して「夢のような話」ではありません。 私は以前、正規で働いていましたが、24歳で退職後、半年間ほど海外にバックパッカー旅行に行っていました。 東南アジア縦断が …